一戸建て住宅にサンルームないし家事室を

私が「一戸建て住宅にあった方がいいもの」としては、「家事室」をあげたいです。サンルームを作れとは言わないまでも、洗濯物を干せるスペースがあるのとないのとでは違いますから。家の中に生活感が出るか出ないかは、洗濯物が干されているかどうかで違ってくると思います。

どんなにオシャレな家だとしても、リビングルームに洗濯物が干されている時点でアウトだと思うんですよね。洗濯物干しってそれだけ生活感を感じさせるものだと思いますから。見慣れてしまえばそれまでなのですが、やはり「快適でキレイな家」を目指すのならば、洗濯物干しはできるだけ目につかないところにあるべきだと感じます。

そういうわけで、マイホームにつけたい洗濯物干しスペースの第一希望はサンルームだったのですけれど、しかしサンルームとするのはご予算的に厳しいものでした。それで家事室として、バスルーム側に一区画設けてそこに洗濯物を干しています。換気扇も大きめのものをついていますし、物置としても利用しているのでまあまあ便利なものですよ。